メインイメージ画像

維持コストと初期費用を考えて

進化を続ける電子機器。家庭用のインクジェットプリンタも改良が進んでいるので、会社でのFAXを市販のインクジェットプリンタでまかなっている人が多いです。業務用のFAXは、耐久性がよく、作業に対しての印刷や通信のコストがだいぶ節約できるので、FAXをよく利用する場合は、オフィス用に切り替えた方が良いです。もう一つは、一日にFAXする枚数が多い場合は、インクジェットよりもレーザーの印字が経費削減ですし、複合機を選択する事で、作業の幅が広がり、業務の効率も上がります。こんな感じで、似たようなFAXを選ぶのでも、利用方法によって利用する製品を選ぶ必要があります。

初期費用が高くても、長年使用している間にだいぶ費用削減ができるでしょう。

自営で、経費削減のためにリサイクルのOA機器の購入を検討している人は、金額だけに目がくらまないように気をつけてください。中古品販売の販売額の決め方は、製品の使用度です。なので、完全同じ製品でも、使用回数が多く劣化しているものは、安価で販売されています。

中古OA機器を発注する時は、保証がついているかどうか調べましょう。それ以外に、前の使用者のデータが消されているかは、大切な点です。一例を挙げると、前の所有者のデータの残っているコピー機を使ってファックスを送信した時に、知らずに知らない会社に秘密情報を送信してしまう事も無いとは言えません。ですので、お得だからといって、値段だけで中古品を注文するのはいけません。

更新情報